はたきの布は新しくできるって、
当然といえば当然ですけど、
なかなか億劫でやりません。

ついていた布もよく見れば
何かの端っこを利用したものなんですよね。
買ったときの記憶によれば「絹」と書いてありました。
だからこの度、しまいこんでいた風呂敷を細く切って
はたきの布にしました。

柄のところに小さな釘を打って
布がはずれないようになっています。

柄の竹はけっこう丈夫なものなので、
この先もずっともちそうな感じです。

大きい風呂敷は
どこの家にも何枚か眠っているのではないでしょうか?
たまになにか大きいものを包むのに使うとはいえ、
そんなに出番は多くないし、
たくさんはいらない・・・
それで利用しました。

不器用なんで、もとの布がついていたのをまねて
てきとうにつけました。
それでも、けっこう汚れてなんとなくほこりっぽかったはたきが
さっぱりと生まれ変わりました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ
にほんブログ村